顎の整形方法について

女性が、顎の整形をするには、小顔に見えるようにする場合が多いようです。

日本人は、特に、体のサイズと比較して顔が大きい人が多いので、欧米人と比べると、バランスが悪く見映えがしないように見えるために、このように考えるようです。

人が相手の顔をみて、美しいかどうかの判断をする時間は1秒に満たないといわれていて、自分の印象を良くしようと考えるには、まず小顔にすることも含めて、顔のバランスを良くすることが大切になってきます。

顔全体のバランスとしては、縦と横のバランス比率は、横1に対して縦は、1.46が理想です。

日本人の場合には、横の幅が15~16cmが理想であるとのことから、縦は、22~23cm程度とする必要があります。

そこで、横および縦のバランスを整えるためには、顎の整形がポイントとなってきます。

顎の整形方法については、簡単に行えるものから、本格的な手術に至るまで、求めるレベルによって、異なります。

また、手術になる場合には、施術者の経験と技術力により、仕上がりが大きく左右されますので、慎重な判断が求められます。

顎の整形方法には、簡単にできるプチ整形があります。

この方法は、ヒアルロン酸やアクアミドなどといった薬剤を注入して、顎のラインをシャープに見せる手法を使います。

お手軽な方法として、治療時間は数分で終わり、その後は、化粧することも人に合うことも可能ですので、見た目の印象を簡単に変えることができる方法として、若い女性の方には非常に人気です。

一方、本格的な方法としては、オトガイ形成といわれる手術方法があります。

この方法としては、顎の骨を削る切り取る手術になります。

顔に傷跡を残さないように、口の中の下の部分から切開して、手術器具を使って、先端の骨を削ったり、切り取ったりして加工します。

この手術は、全身麻酔で行いますので、寝ている間に終わり、日帰り手術ですので、入院の必要はありません。

ただし、この手術は、麻酔によるしびれや、神経を傷つける心配もありますので、リスクに対する事前の対策やケアのしっかりしたクリニックを選ぶ必要があります。

私の勧める顎の整形クリニックは、こちらです。

顎を整形したいならチェックしよう